被リンクでのSEOに不安をもっている方に

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

被リンクSEOはペナルティーを受けやすいのか?

あなたもサテライトブログからアフィリエイト用サイトにリンクを貼る方法を使うと、そのサイトがGoogleからペナルティーを受けて、圏外に弾き飛ばされる可能性があるということを聞いたことがあるかも知れません。

 

そしてPSW 2・パーフェクトサテライトライター2で作成された文章は、ペナルティーを受けるのではないかと心配されているかも知れませんね。

 

 

また、そもそも被リンクでのSEOは別名をブラックハットSEといわれることから、善か悪かで判断すると「悪」だと思っているかもしれません。これがリライトツールを購入しない最大の理由かもしれません。

 

でもですね、現在でも「被リンクパワーでの上位表示」は、ごくごく普通に行われている有効な方法です。

 

実際にこの方法に特化してアフィリエイトを教えている高額塾もいくつかありますし、(私もその中の一つで学んだ経験者です。) その方法で1か月に100万円のアフィリエイト報酬をあげているアフィリエイターも何人も知っています。

 

このPSW 2・パーフェクトサテライトライター2の販売者の田嶋さんも、専門のSEO業者として被リンクでのSEOで、クライアントのサイトをトップ表示させていることを明言しています。

 

確かにブラックと聞くと罪悪感を感じるかもしれませんが、法律に抵触しているようなことではありませんし、仮にペナルティーを受けるとしても上位表示されなくなるだけのことで、それを判断しているのは検索エンジン側の都合によるものです。

 

検索エンジンの代表格のGoogleも「ネットユーザーの検索行動を快適にする」ために独自のルールを持っていて、これに反したりするとペナルティーとして順位を落としたり、時には圏外に飛ばしたりする・・・・と言われていますが、これも半分当たっていますが半分は間違いです。

 

つまり、表示順位を下げているのではなく、独自のルールに合致しているサイトの順位を上位に持ってきているので、そうでないサイトは結果として下がってしまうということなのです。

 

 

 

Googleがコピペ、リライトと判断する仕組み

では、Googleがどのようにしてサテライトブログに書いてある日本語を理解して、他のサイトと比較して同じ記事と判断するのかについて、現在知られている事を紹介します。

 

Googleは、記事の文章に含まれている単語の同一性を判断していると考えられています。

 

わかりやすく説明しますね。

Googleは記事の文章を単語に分割して、それぞれの単語ごとに識別番号を付与しています。

 

例えば「PSW2はアフィリエイトに役立つツールです」という文章の場合は

 

PSW2 ⇒ ab234

は ⇒ ab235

アフィリエイト ⇒ ab236

に ⇒ ab237

役立つ ⇒ ab238

ツール ⇒ ab239

です ⇒ ab240

 

という感じでそれぞれの単語に識別のための固有番号が付けられます。

 

 

そして、あなたの記事Aと、誰かの記事Bを比較する時、その識別番号の数を比較します。

 

●A の記事には、ab234が5個 ab235が8個 ab236が11個 ab237が4個 ab238が8個 ab239が9個 ab240が12個

 

●Bの記事には、ab234が4個 ab235が8個 ab236が12個 ab237が3個 ab238が7個 ab239が11個 ab240が10個 

 

というように、かなり似通った場合には、同一文章の記事として判断しているのだろうと言えます。

 

 

でも、単語の意味は同じでも違う文字で表現されていたり、同じ単語でも使用頻度が極端に違っている場合には、同一文章としては判断されることはないと言えます。

 

例えば「PSW2はアフィリエイトに役立つツールです」と言う文章を「パーフェクトサテライトライター2はネットビジネスで稼ぐためにとても有効なソフトです」とリライトした場合、文の意味は同じようでも文章として使っている単語は別のものですから、同一文章とは判断されない訳です。

 

Googleがこのような判断処理ができるのは、日々ネットユーザーによって膨大かつ多種多様な単語によって検索されることで、ひとつの単語に対してその次に来る単語や助詞などまでをも推察する膨大な単語処理能力を持ってしまっているからです。

 

ですからGoogleで検索するとき、入力文字を打ち間違えたりすると「もしかして○○ではありませんか?」と聞いて来たり、または正しい漢字に直した検索結果を表示してくれますよね。

 

 

 

PSW2の製品開発の姿勢とは?

PSW2・パーフェクトサテライトライター2は、このようなGoogleの日本語解析能力を理解したうえで製品開発されています。


PSW2
・パーフェクトサテライトライター2の文章作成の基本的な考え方は、ひとつの原文を10 個の文節に分け、それぞれを10 個ずつリライトし、更にそれらをランダムに組み合わせて別の文章を作り上げるというものです。

 

さらにリライト作業を担当しているのはプロのライターですので、別の単語に置き換えられない固有の名詞を除けば、豊富な語彙の知識を発揮して同じ単語を使わないようにリライトしています。

 

つまり、言葉の意味は同じでも、文字として別のものに意識的に変更しているということです。

 

また、このようなGoogleの統計的な処理能力を意識して、原文のリライト作業をする時は、前後に使われている単語の組み合わせについて細かくチェックをして、日本語としておかしな文章にならないようにしています。

 

 

 

PSW2・パーフェクトサテライトライター2の一つのジャンルでは、上記のように処理された原文が100 個あり、それぞれをランダムに組み合わせて記事1 ページ分の文章を作り上げてくれるのです。

 

ですから当然のことですが、各ページに表現される単語の数や種類は大幅に違ってくるわけです。すなわちコピー文章ということとは、全く別の次元の話になるのです。

 


このようにして、出来上がった記事が完璧な日本語文章になるようにしているのですが、このことがPSW2・パーフェクトサテライトライター2で作成されたサテライトブログ自体が自然なサイトとして評価されることを目指しているのです。

 

従って、コピぺの記事を集めた質の悪いサイトと判断される可能性は低いので、ペナルティーを受けるという心配は不要だと考えられるのです。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket