PSW2で即!効果の出る3つの方法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

アフィリエイト報酬発生の条件

今から紹介するPSW2の効果的な使い方は、もしかすると有料級のノウハウかもしれません。

 

でも、隠すことでもないと思います。

 

そもそも、PSW2が手元にあって実現可能な話ですので・・・。

 

初心者さんにとって取り組みやすいと言われているトレンドアフィリエイトは、芸能人のスキャンダルとか記事のネタに困ることはないと言われていて、このサイトにアドセンスを導入すれば収益が出やすいと言われています。

 

そしてそのノウハウも販売されています。

 

それを信じてトレンドサイトを作る初心者さんも少なくはないはずです。

 

でも、例えば「△△党●●代議士の裏の顔」とか、記事タイトルにキャッチーなキーワードを入れただけで、その記事は読まれると思いますか?

 

そしてさらに、目的としているアフィリエイト報酬を受け取ることができるのでしょうか?

 

「そのはずなんだけど・・・・」と思っている人は、意外と多いかも知れません。

 

 

あなたが作ったトレンドサイトから報酬が発生する流れは、おおむね次の通りです。

 

例えばテレビのバラエティーで「政治家●●代議士の不倫」について報道されていて、「●●代議士ってどんな人? 少し詳しく知りたい」と思った時は、必ず「検索」をかけて目当てのサイトを探していますよね。

 

そして、その結果が検索ページとして表示されます。

 

その1ページ目にあなたの「△△党●●代議士の裏の顔」とか「噂の●●代議士の妻」とかのトレンド記事が入っていて、ポチッとクッリクして読みに行きます。

 

その時、あなたがリンクを貼ったアドセンス広告で興味のある広告が現出しているときクリックして、その結果報酬が発生します。

 

つまり、あなたのサイトが検索結果で1ページ目に表示されることが報酬発生の条件であると言えます。

 

 

サイトを上位表示させるための方法はいろいろありますが、「初心者さんが」「多くの資金をかけずに」「短期間で」と言うことを重視すると、ブラックSEOと言われている方法しかないでしょう。

 

ブラック・・・というと、なんか悪いことをしているようなイメージがありますが、日本国の法律に抵触した犯罪行為をするようなことではありません。

 

でも、誰かにとっては都合が悪いことではあります。

 

その誰かとは・・・検索エンジン大手のGoogleです。

 

要するに、Googleは優良なサイトを検索結果の上位に表示して、Googleを使うユーザーに役立てたいので、サイトの評価について独自のルールを設けています。

 

そのルールから逸脱した方法で上位表示させようとするサイトは、ブラックなサイトだと・・・。

 

ブラックな手法に対して、ホワイトな手法と言うのもあるのですが、このホワイト至上主義の人たちがブラックな手法の危険性について声高に発信したりしています。

 

でも、一方では有名なサイトアフィリエイトの塾でのノウハウは、完全なブラックな手法だったりします。(知らずに入った塾生もびっくり。でも実際に稼げるので全面的に支持)

 

 

最近のSEOの流行はホワイトハットが主流のような感じで、「価値のあるコンテンツ重視でサイトを作りましょう」的な事を目にします。

 

これには異論はないですし、私もそんなサイト作成にも取り組んでいるところですが、実際のところ時間をかけていくら良いコンテンツをちりばめたサイトを作っても、ユーザーさんの目に触れなければ、読んでさえもらえないという現実があります。

 

ですから、それがアフィリエイト用のサイトだったら、売上が上がることもありません。

 

 

と、これについて書きだすと、反論に対する反論も含めて訳の分からないことになってしまうので、この辺で辞めておきます。

 

結論としてはブラックと言われるSEO対策は、Googleの独自ルールには違反するので、そういう面でのリスクはありますが、罪悪感とか負い目を感じたりしてコソコソやるものでもないと思います。

 

要は、さじ加減の問題かと。

 

ただ、アフィリエイトという仕事では、時間の有効活用と作業の効率化が成功のカギを握っています。

 

特に副業のアフィリエイトの場合は、これこそが稼ぐ為に最も重要な部分です。

 

PSW2もアフィリエイターの作業を効率化してくれるためのツールですが、購入しただけでは報酬が出ることはありません。

 

使ってなんぼです。

 

そしてサテライトブログの記事を作ってくれるPSW2も、それだけの使い方しかないのか・・・・と言うと、実はそうでもありません。

 

使い方を工夫すれば、サテライトサイトの記事を作るだけじゃなくて、もっと効果的にサイトの検索順位を押し上げることができます。

 

 

 

このページでは、サイトアフィリエイトの初心者さんが、必要最低限の資金だけで短時間で成果報酬を受け取れるために、PSW2の性能を120%活かして、狙ったキーワードでメインサイトを押し上げるための「即!効果の出る3つの方法」について、基礎部分だけお伝えします。

 

 

 

1. サテライトブログの強化

ブラックSEOの代表的手段というと、稼いでいるアフィリエイターなら誰でも知っていることですが、メインサイトに対してサテライトブログ構築をして、リンクを飛ばすという方法です。

 

この時のサイトの群れの構造は、私の場合メインブログを頂点とするとピラミッドタイプで作っています。

 

一番上の赤枠がメインブログ、二段目のオレンジ枠がサテライトブログ、三段目のグリーンの丸が孫ブログです。

 

 

この時のオレンジの二段目のブログについての考え方として、私は以下の2つのことを意識しています。

 

✔ 一般的には、一つのサテライトサイトに最低必要な記事数は10個程度と言われていますが、最低30記事程度は入れるようにしています。

 

✔ PSW2で作った記事をそのまま使うのではなく、そのサテライトブログ自体がユーザーさんに読んでもらえる内容の記事をリライトで作っています。

 

そして、二段目のブログのバックリンクのグリーンの三段目の孫ブログにはPSW2の記事を入れて、二段目のブログのSEO対策として使います。

 

この時も、あとで少し手を入れて日本語として変な部分を修正して記事の更新をします。

 

この方法でのサテライトブログの考え方は、誰も訪問しない無料ブログで作った100個のサテライトブログではなく、訪問する価値のある10個のサテライトブログを作るというものです。

 

結果的にメインサイトへのリンクパワーの増強と、サテライトブログの量産の手間を省くということを狙っています。

 

 

こんなペースで複数のサテライトブログのそれぞれの記事を手作業で推敲しながら育てていくわけですが、これにより記事としての精度がさらに高まるわけです。

 

推敲といっても、「そんな言い回しはおかしいだろ?」とか「同じことを二回言う必要はないよね。」とか、改行して読みやすくしたり、言い回しを自分の言葉に直す程度の作業です。

 

ですから、ほんのわずかな時間で済みますね。

 

この辺が私流のブラックのさじ加減の部分なのですが、この方法でGoogleからペナルティーを受けたことはありません。

 

 

2.サイト立ち上げ当初のスタートダッシュに使う。

メインサイトのトップページのテキスト量を一時的に増加させてSEOの土台作りをします。

 

Googleの評価ポイントの一つに「網羅性」ということがありますが、要するに「頑張っていっぱい書いてあるなぁ。」ということです。

 

本来はしっかりとした内容のコンテンツでテキスト量もあるのが理想なのですが、サイト立ち上げ当初で他のライバルサイトより優位な位置を獲得するために、PSW2の記事で労力と時間を短縮して「瞬間的なパワー」を付けるために使用しています。

 

この時当然のことですが、PSW2は自分の書いた記事のジャンルを使います。

 

でも、メインサイトとしては記事全体の違和感は否めないので、ある程度の順位に表示されたら検索順位を見ながら内容をまともなものに修正したり、時にはその部分を削除します。

 

この方法は、メインサイトのそれぞれのページにも、サテライトブログの各ページにも使うことができます。

 

もちろんこの時のサテライトブログの記事は、ある程度自分のオリジナルティーを出した記事の場合ですよ。

 

 

3.稼げる商品のリサーチに使う。

「売れる商品、需要のある商品を紹介する!」これがアフィリエイトの鉄則です。

 

でも、売れる商品がわからないことには、アフィリエイトをしようがありません。

 

これについては、いろんな方がいろんな方法について紹介していますが、確実な方法は「リサーチ」しかありません。

 

つまり、市場調査ってやつで、めぼしい商品を片っ端から紹介して、その反応を確認するという作業です。

 

ですから、1週間とか10日間とか調査期間を決めて、できるだけ多くの商品を試してみます。

 

そうすると何が売れやすくて、何が売れないかが明確にわかります。

 

しかし、この作業のためにはそれなりの数のサイトが必要になりますが、それをゼロからすべて記事を書いて、自分でやると時間がいくらあっても足りません。

 

この時に大活躍してくれるのが、文章自動作成ツールのPSW2・パーフェクトサテライトライター2です!

 

PSW2・パーフェクトサテライトライター2では、キーワードの置き換えやアンカーテキストの指定ができる機能を備えています。

 

この機能を有効利用すれば、狙ったキーワードで「当たるかどうか」反応を見ることができます。

 

つまり、この調査の段階では売れなくても良いわけで、アクセス数の動向を見て判断するわけですね。

 

そして、PSW2で作った多くのサイトの中で当たった商品を見つけたら・・・・・

 

あとはサイトの上位表示の仕組み作りを集中して作業するだけですね。

 

 

 

さて、このページで解説したことは、【効果的に使う方法】のほんの一部にしか過ぎません。

 

例えば、サイトのテキスト量を増やすにしても、「どこに入れればよいのか」「どれくらい入れればよいのか」「不自然さを隠すためには」「さらにその効果を倍増させる方法」など、具体的な事を知らなければ効果がないばかりか、Googleからペナルティをもらってしまいます。

 

そんな【上手に使う方法】・・・・知りたくないですか?( ̄ー ̄)ニヤリ

 

「ご購入特典」でその方法をすべてお伝えしています。

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください