リライトのテクニック基本的な5つの方法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

リライトとは?

リライトとは、英語で書くと rewrite つまり re  の部分の意味は、

「再び」「さらに」「新たに」「・・・し直す」などの意味なので 書き直すってことで理解すればOKですね。

 

 

リライトが上手く出来さえすれば、世の中にある全ての文章は 全てあなたのブログ記事になり得ます。

このページでは、リライトの基本テクニックとしてにて5つの方法を解説します。

 

5つの基本テクニック

先ず手作業でのリライトって具体的にどうするのか?

これについてイメージしていただくために 基本の5つのテクニックと言われているものをご紹介しますね。

 

リライトは、ネット上のものでも、本でも新聞でもなんでも良いのですが、 元になる記事(文章)があって、それを自分の言葉で置き換えたり 表現を変えたりする事で書き直すことが出来ます。

 

では、元の記事を『リライトとは、記事の書き直しのことです。』として 実際に書きなおしてみますね。

 

1.前後を入れ替える方法 

文字通り、文章の前後を入れ替えます。

 

『リライトとは、記事の書き直しのことです。』

『記事の書き直しのことをリライトと言います。』

 

 

 

2.他の言葉を使う方法

類義語や似た意味の言葉で置き換えます。

 

『リライトとは、記事の書き直しのことです。』

『リライトとは、文章を書き換えることです。』

 

 

 

3.口語に変える方法

口語などと入れ替えるだけで、違った印象の文章になります。

 

『リライトとは、記事の書き直しのことです。』

『リライトって、記事を書き直しちゃうことなんです。』

 

 

4.文章を装飾する方法 

元の文章に、言葉を足してしまいましょう。

 

『リライトとは、記事の書き直しのことです。』

『難しいと言われるリライトですが、 実は簡単で、記事をちょっと書き直すだけのことなのです。』

 

 

5.あわせ技 

『リライトとは、記事の書き直しのことです。』

『リライトって以外と簡単に出来ちゃうんです。 どうやってやるのかというと

例えば、友達とおしゃべりしているように置き換えてみてもOKですよ。』

 

 

要するにコピペじゃ無くて 自分の解釈で、自分の言葉に直せばよいだけのことです。

実際の作業としては、こんな感じです。

 

 

 

でも、このテクニック以外に最も大切なことがあります。

それは、【あなたが何を書きたいか?】ってことです。

リライトするためのネタを探すのには【あなた自身のフィルター】が必要です。

 

 

 

ほかの方法として、書きたいことがすでに定まっている方は、こんな究極の技も使っています。

脳内置換法です。

 

この方法は、 元になる記事をまず一度読んでから 完全に自分の文章(構成と言葉)に書き出すという方法です。

つまり元の記事は、完全にただのネタとしてしか使わない方法ですね。

 

この方法では、自分の書きたい事が最初から定まっていて参考程度に他の人の書いたものも見てみる・・・

で、そのためのネタを複数集め、美味しいとこ取りで書きなおす作業になります。

 

 

例えば、次のすでにリライトした文章があります。

 

『メルマガアフィリエイトで得られる報酬は、 労働量でなく読者数に大きく影響されるという特徴があります。

読者数が1人だとしても、 1万人だとしても 1回の配信に使う文章を書くための時間はまったく変わりません。

しかし、読者数が多くなればるほど、収入が多くなっていくのは事実です。』

 

 

この元の記事は、次の3つです。

  • メルマガを1人に送る時も、1000人に送る時も作業内容は変わりません。
  • メルマガアフィリエイトでは読者数により報酬金額が変わってきます。
  • メルマガは読者さんの数が増えても作成時間は変わらないのです。

 

 

リライトの最終的な目指すところは、ここです。

ですから、そうなるために【何を書きたいか?】ということが重要なんですね。

元記事を探すときには、自分なりの切り口を決めてから探すこと!

 

 

記事そのものを書き直すのは、実は、超危険な行為です。

なぜなら文意、つまり「何が伝えたいのか」が ブレてしまう恐れがあるからです。

文意がリライトの元記事のままだと、自分のスタンスが無くなります。

軸がぶれないように、書くことに一本筋が通っていることが大切です。

また、自分の結論ありきでリライトすると 勝負が早い!ということです。 

 

 

でも、もっと楽してブログ記事を数秒で100個以上作成したいなら・・・・

 

 

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket