リライトツールの比較

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

リライトツールの特徴や性能の比較

 

在発売されているいろいろなリライトツールの特徴や性能などを比較するために、以下の7つのツールを実際に使ってみました。

まずもって「リライトとは?」と言うことについてはこちらで解説しています。

 

 

 

・パーフェクトサテライトライター2  

PSW2はリライト用ツールではなく、文章自動作成ツールです。

 

他の同じような機能のツールには、購入時の最初から複数のジャンルがついています。

例えば、「美容」「健康」「ダイエット」・・・・という感じですね。

 

psw2・パーフェクトサテライトライター2は、一つのジャンルずつの購入方法になります。

 

 

そして価格もそれなりです。

 

これをどう見るか? が、「稼ぎの差」に影響してくるんですね。

 

psw2・パーフェクトサテライトライター2は、1つのジャンルの生成する記事の精度にこだわっていますので、素晴らしい精度の文章を無尽蔵に生成をしてくれます。

 

ただやはりサテライト用の記事作成用ツールですので、多少の不自然な文脈の部分が出てきます。

そんなところを手作業で加筆・削除・修正してあげるといいですね。

 

特にメインブログにリンクを貼るサテライトブログ用の記事については、ひと手間かけて、より自分が伝えたい文章にすることで、オリジナリティの高い記事になります。

 

・サテライトサイトの作成に出来るだけ時間をかけたくない。

・誘導サイトを効率的に作成したい。

・バックリンクサイトを出来るだけ簡単に作りたい。

 

そんな方には最適のツールです。

psw ver.2 (パーフェクトサテライトライター2)の公式ページはこちらから

 

 

MSR(メインサイトリライター)  

MSR・メインサイトリライターでのリライト作業は、 リライト前の元の文章のフレーズや単語を別の単語や言い回しに置き換えるというものです。

 

元のネタ記事の単語の上にマウスを乗せて右クリックすると置き換え候補が次々と現れます。

 

そして、右クリック→単語選択 右クリック→単語選択・・・ と繰り返すだけで、リライトが進むわけです。

 

 

元ネタの記事を目で追いながら作業していくので、必然的に質の高い記事に常に触れることになり文章力が自然に身につくことにもつながりますので、「楽をしながらライティングスキルも身につく」と思います。

 

メインサイト用の記事としてリライトするということから考えると、 元ネタ記事の弱いところを補う】とか【複数の元ネタ記事と組み合わせる】 といった作業を加えると、より質の高い記事になると思います。

 

そこまでやると、「リライト」とは言えない精度の記事となりますよね。

メインサイト用の記事作成には、もってこいのツールです。

 

PSW2・パーフェクトサテライトライター2との比較で言えば、これはこれで優れたツールですし、機能が根本的に違いますので一概には言えませんが、やはり手作業が必要なので時間がかかるというのは事実です。

 

また、私としてはメインサイトの記事は、できれば自分の中にあるものを発信したいという欲から、★4つとします。

 

 

ゴーストリライター3  

 

ゴーストリライター3は、購入時から10個のジャンルが付いてきます。

 

【キャッシング、FX、脱毛、看護師、車査定、酵素ダイエット、育毛、バストアップ、転職、スキンケア】

 

どれも、アフィリエイトの代表的なジャンルなので、即戦力になりそうな感じがします。

 

 

そういう面ではお得感はありますし、いろんなジャンルのアフィリエイトに対応した記事を作成しやすいというメリットもあります。

 

また、PSW2・パーフェクトサテライトライター2と同じく、追加料金を払うことで他のジャンルを購入することができます。

 

 

キーワードの現出比率も設定できますので、なるべく自然にキーワードを組み入れた記事になります。

 

欠点としては、サテライト用なので記事が多少被っても大丈夫だと考えて作られているような気配を感じてしまうのでこの点はマイナス点ですね。

 

そもそも、リライトツールは時短のため、作業の効率化のために導入しますが、だからと言って他の人のブログ記事と被ってしまうことは大きなリスクを伴います。

最悪の場合はスパム判定をされて、検索結果から圏外に飛ばされてしまいますね。

 

 

二番目の欠点は、データベースを自分で作ることができる仕様になっていますが、これには大変な労力が必要になることが容易に予想できます。

 

確かに、しっかりしたものを作成してしまえば、自分オリジナルの記事を抽出することが出来ます。

でも、前述したようにリライトツールの導入動機の多くは作業の効率化のためのはずです。

そういう面では「楽するために買ったのに・・・・」ということになるような気がしてしまいます。

 

あともう一つ、私としては売り方が少し気に入りません。

 

ゴーストリライター3には通常版と簡易版がありますが、実は簡易版は使えたもんではありません。

そして簡易版の購入後にはちゃっかりと「バージョンアップ版」ということで通常版のセールスがあります。

まあ、気持ちは分かるけど常識的にツールなので、最初から販売ページでバージョンを選ばせる方が正直な商売ですよね。

 

 

結論としては、記事が重複しない事に力を入れているPSW2・パーフェクトサテライトライター2 とは明らかに違っていて、このゴーストライター3は、公式セールスページを見ても「サテライト用なら、コピペサイトでも大丈夫だろ?」みたいなニュアンスの文章がある時点で、疑問を感じます。

 

 

アフィリキング4  

アフィリキング4は、リライト専用ツールというよりは、ブログアフィリエイトに必要な作業を自動化してくれる総合的ツールといっていいと思います。

 

その証拠に、アフィリキング4には次の8つの機能が備えられています。

  1. メール・ブログアカウント取得機能、ソーシャルブックマークアカウント取得機能、記事作成機能、自動投稿機能、キーワード管理機能、RSS検索機能、PING送信機能、検索順位管理機能の8つですね。

 

 

アフィリキング4のリライト機能は他のツールとは少し様子が違っていて、マルコフ・リライト機能を使います。

この機能はコピペした元ネタ文章を解析しマルコフ連鎖を行います。

つまり、元ネタをリライトし、その記事が気に入らなかったら、さらにそれをリライトできるという機能で、繰り返していくと出来上がった記事は、もはや原型をとどめないというものです。

 

ということは結果的には、Googleがコピーされたものとして認識できないレベルまで記事をリライトしてくれます。

 

仕組み的には独自に辞書を搭載しているので、使うたびに学習していくそうなのですが、実際に使ってみて出来上がった記事を見てみると、用語の二重使用や同じような内容の文節がダブっていたりと精度としてはかなり疑問が残ります。

 

文章自動作成用の専用ツールであるPSW2・パーフェクトサテライトライター2のようなデータベースを軸とした精度の高い文章は作成されないのは確かです。

 

ただ、アフィリキング4、元ネタの記事さえあればどんなジャンルだろうとも自動リライトを繰り返して、(意味は通^ ^; ) 独自性の高い記事を作成し、サテライトブログとしてバックリンクを付けることが出来ることは確かです。

 

ですが、やはりメインブログに対するサテライトブログ作成として、多くの機能を持っているだけという感じです。

 

使う方が「この作業にはこんなツールがあれば便利だ」ということがわかっている前提で使いこなせるツールだと思います。

 

具体的な例としては、「サテライトサイトをどのようにメインサイトにリンクさせていけば機能するか?」などのノウハウがすでに分かっているなら・・・・ということですね。

頑張って20個のサテライトを作ったからと言って、「せーの・・・」で一気にメインにリンクさせればいいというものじゃないので・・・・

 

 

kijii改  

このツールも基本的にはサテライト記事作成の為のツールで、オリジナル記事100個があっという間に 自動作成できます。

 

実際に使ってみても、作成された記事はよくあるネット上から 引っ張ってきた記事とは違い、結構高い精度の文章でまとまっている印象を受けました。

 

機能的にもPSW2・パーフェクトサテライトライター2のように、タイトル自動生成、アフィリエイトタグ自動挿入などが備わっています。

 

 

KIJII改は「改」の文字通りアップデートされたツールで、youtube、Twitter、Yahooニュースの 記事をネット上から引っ張ってきて、コンテンツを充実させ、SEO的に強い記事を作成することができるようになっているようです。

 

またKIJII改で制作したオリジナルの記事は、Seesaaを始め数種類の無料ブログに自動投稿することが出来ます。

 

かなりの優れものです! と言いたいところなのですが・・・・

このKIJII改の一番の問題・難関は、リライトしてくれる データベースを、自分で制作しなければならないということです。

これは、「ゴーストライター3」ですでに書いたことですが、購入者さんの評判を見ても「結局、使い物にならない」という結果につながりかねません。

 

 

正しく言うと「使えるものにするために、かなりの時間と労力が必要」ということですね。 

データベースを作るという作業は、簡単なことではなく「豊富な言い回し」や「関連用語」「類義語」などを自分で手作業で入れこまないならないので、できればやりたくない大変な作業になります。

 

前述したことと重複しますが、リライトツールは「どれだけ楽をして効率的な作業ができ、稼ぐスピードを上げることができるか」ということが命ですので、私としては使用しません。

 

 

ファントムライター  

ファントムライターも文章自動生成のリライトツールです。

ですから、自動で文章を作成してくれるので機能としてはPSW2・パーフェクトサテライトライター2と同じような機能を持ちます。

 

お得な点は、ファントムライターは購入時から記事作成できるジャンル数が物凄く多いことがあげられます。

 

物販アフィリエイト関係だけでも、ファッション系やアクセサリー系、おもちゃ、ペット系、電子機器、家電など20種類以上ありますね。 

 

情報商材アフィリエイト関係では、悩み情報商材や投資系などのジャンルも兼ね備えていますし、トレンドアフィリエイトでの使用も可能で芸能関係の記事やテレビ関係の記事も生成することが出来ます。

 

この点は自動生成記事のリライトツールの中では、とびぬけて目立つ特徴ですね。

 

ただし・・・・PSW2・パーフェクトサテライトライター2との比較ですが、記事の精度に大きく差があることは確かです。

ファントムライターの一つのジャンルに対する精度は低いです。

その理由は、最初から多くのジャンルを詰め込んでいるためかもしれませんが、データーベースの種類が少ないのでしょう。

 

 

仮にPSW2・パーフェクトサテライトライター2がこの世に存在していなかったら、割り切ってファントムライターを購入していたかもしれませんが、相対的に評価をすると使う気にはなれないですね。

 

 

KYOJIN  

機能的にはリライトしたい記事をコピペで貼り付けて、オートリライト機能で記事を生成し、違和感を感じる部分をチェックしデータから候補の単語を選択し修正するというアナログとデジタルのハイブリッドタイプな感じです。

 

よく言えば、元ネタを自由に引っ張ってくればどんなジャンルにも対応可能ということです。

 

仕組みはいたって簡単で作業手順もなれれば使えないことはないのですが、出来上がった記事がもいくらサテライト用だといっても、文章的にお粗末なレベルです。

 

半手作業で単語を選んで修正しても、語彙が少ないので明らかに文章としておかしな表現や言葉を使っている感じが否めません。 

(これは、他のブログのレビューでも批判していることです。)

 

 

おそらくですが収録してある言葉の数がMSR2とは大きく差がありすぎて、MSR2を一度でも使ってしまうと・・・ということかも知れません。

でも、たとえ使用目的がメインの検索順位を押し上げるためのサテライト用の記事だとは言え、半自動的に人の手を使ってもこの結果とは・・・情けない感じます。

 

 

さらに私が決定的に「だめだ、こりゃ・・・」と感じたのは、このKYOJINの販売サイトが、あまりにもツール性能を偽ったような煽り文句で満ちていることです。

 

「Googleアルゴリズムを超える記事作成変換パーフェクトリライトツール」とか

「アフィリエイトの記事が必要な方からすれば、夢のようなソフトの完成です。」とか

「是非このソフトで効率100倍を目指し、100倍の売上げを上げていただければと思います。」とか・・・・^^;

 

さすがに、「それは言い過ぎだろ?」 って思ってしまいます。

 

ですので正直な話をすると、このKYOJINを使用するのなら、自分で最初からリライトした方が早いし、読みやすくて内容的にもしっかりした良い記事ができると思います。

 

 

 

まとめ

私はリライトツールを購入して使い始めたのはPSW2・パーフェクトサテライトライター2からですが、これを選んで正解だったと思います。

 

塾講師のK氏も「講師という立場上いろいろ買ってみたけど、自分のアフィリエイトではPSW2しか使っていない」とおっしゃっていて、保有しているジャンル数は20数個ということです。

 

ちなみにK氏は当然専業のブログアフィリエイターさんですが、この20数個のジャンルのPSW2を使い倒して、数百個のサテライトブログを構築されています。

そして、その報酬はというと、最低で100万円ということです。(当然1か月の報酬額です。)

 

で、驚きなのはK氏のアフィリエイト歴は、わずか2年・・・です。

 

「難しいとか簡単だとかの問題以前に、やるかやらないかだけのこと」という言葉を思い出し改めて納得なのですが、冷静に考えるとこれもPSW2・パーフェクトサテライトライター2が陰で大きく貢献しているという証でもあるわけですね。

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。