リライトツールは使えるのか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ポチッとクリックするだけで自動的に文章が生成されて、それをブログにアップするだけでアクセスが集まって、アフィリエイト報酬が発生する・・・

アフィリエイターなら、誰でも望んでいることですね。

まあ、誰だって楽がしたいですから。(笑

私もいろいろなサテライトブログ用の記事生成ツールを知っています。

 

 

これはさすがに・・・というツール

最も単純なものとしては、アフィリエイトの広告主の販売ページから、そのまま文章をコピーしてしまうタイプのものです。

たとえばAmazonの商品を扱う場合、その商品の販売ページの文章をそのままコピーしてブログの記事にしてしまうというわけですが
このタイプのものは、それでブログを作ること自体がブログの価値を下げてしまいかねない代物なので稼げる気が全くしません。

結局自分で手作業のリライトで文章を書き足さなければならなかったりして、まったく意味ないものです。

 

 

自称「SEO専門家」が見せてくれた自動生成記事ツール

次に、他人のブログやサイトから文章を一部ずつコピーしてきて、それを適当につなぎ合わせるタイプのツール。

こういう記事自動生成ツールは、キーワードを指定して文章を集めさせるものですので、きっちりキーワードは入ってるんです。

これだけで昔の検索エンジンは騙せたんです。つのり、キーワードが入ってるだけでSEO的に評価されてしまったのですね。

ただ、上記のような仕組みで文章を生成するので、出来上がった文章は「何語ですか?」というような意味不明の記事ができ上がります。

そんなとんでもない自動生成記事でも、昔はSEOの役に立っていたのですよね。

自称SEOの専門家が「これが私のやっているSEOです!」と自慢げに意味不明の記事を見せてくれた時は、目がテン状態でした。

心の中で「それって無料でできるやろ?」って叫んでいましたが、結局機能としては単にキーワードを置換するだけのものなので

例えばキーワードとして「文章生成」という言葉がたくさん使われている記事があるとしたら、その「文章生成」を「記事作成」などの

意味の似た別のキーワードに一発置換してしまうというだけのことなので、そんなことならツールに頼らくてもワードとかテキストエディタでできるやろ、というオチです。

 

 

文章要約ソフトを記事生成に利用するタイプ

文章要約ソフトを自動記事生成ツールとして使うという方法もありました。

ウィキペディアなどである程度の長さのある文章をコピーしてきてソフトで要約します。

そういう要約文をいくつかつなげて新しい記事とする、という方法ですね。

これは発想的には、なかなかいい方法でしたけど、でもやっぱり変な文章ができるんですよね。

それにネタ元が同じなら似たような要約文ができるということでやっぱりその程度の出来栄えでした。

 

 

翻訳サイトを記事生成に利用するタイプ

もっと手の込んだものとしては、要約ではなく翻訳機能を利用するものがありました。

まずウィキペディアなどでネタになる文章を取ってきてそれを翻訳して英語などに変換します。

英語に変換したものを、もう一回翻訳して日本語に変換します。
そうするとあら不思議、元の文章とは似て非なる文章ができたじゃありませんか!

ただし、これも日本語が不自由な外国人が書いたような文章になります。

これの応用バージョンとして、方言変換パターンというのもありましたが、これはもう日本語でなくなってしまいます。

 

 

RSSの文章をつなぎ合わせて記事自動生成ツール

他人のブログのRSSをたくさんつなぎ合わせて自分の記事にしてしまうというものもありました。

これも一時はアクセスを集められる方法だったようですが、やがてRSSを集めた記事というだけですので、検索エンジンから削除されてしまいました。

 

 

検索結果ページのコピー

それと似たもので、検索結果のページをコピーしてしまって、それをサイトの記事にしてしまうという記事自動生成ツールもありました。

しかもこれ、なんと某アフィリエイト塾で正式採用されていたというから笑ってしまいます。
そのツールで作ったサイトは、確かにたくさんのアクセスを集めることができました。

 

でも、かなりの人数が同じ手口でやったものですから、すぐにグーグルに見つかってしまって、そのツールを使ったサイトが狙い撃ちされるかのごとくすべてインデックス削除されてしまったと聞いています。
で、ついでにその高額なアフィリエイト塾も自然消滅してしまったようです。

まあ、その塾の塾長さんは、塾生全員に返金してくれたらしいので騙すつもりはなかったようですが、単に知識不足な塾長さんだったということです。

 

 

ランダム組み合わせによる記事自動生成ツール

データベースを構築しておいて、文章をいくつかのパーツに分けてランダムに組み合わせて文章を生成する方法のツールです。

データベースの規模が大きいほど重複した内容は少なくなり、さてライドブログ用の記事としては合格点が付けれる精度の記事作成が可能です。

例えば文章を10の部分に分割して、それぞれ10種類ずつ意味が同じで表現が違う文章パーツを作れば、10の10乗、つまり100億通りの文章ができるということです。

所詮はツールですので、意味とか言葉使いなどに違和感は残りますが、サテライトブログの新規立ち上げや以前作成したサテライトブログの更新などの一日の作業に必要な記事数は50個もあれば十分なのでそれが数秒でできてしまって、手作業での手直しが必要なくそのままコピペで記事更新ができるというのは、ツールとしての役割は確実に果たしていると思います。

 

そういう面ではもこのタイプが今の主流で、これはPSW2でも使われている方法です。
でも、これもサテライトサイトとしての記事で使えるのであって、これをメインサイトに使うのはさすがに不毛な気がします。

メインサイトの記事は手書きで軸がブレない! に限りますね。(笑)


ここに来てスマホをいろいろと活かして稼ぐ在宅ワークが人気を集めています。誰でも持っているスマホは重たいパソコンとは異なり、日頃から身に付けているものであって、外出中でもさっと作業に取りかかれるので、非常に役立つと言えます。
レイオフや賞与カット、定期昇給のストップなど、所得がちょっと昔のように上昇しなくなりました。そのような背景から、在宅ワークすることを推奨する会社というのも稀ではなくなっています。
主婦になる以前に事務職に就いていたために、あなたがPCが苦手でなく、かなりのスピードでキーを打つ事ができる技能をお持ちなら、webを使ったライティング業務といった在宅ワークをやってみるのも推奨できます。
ネットビジネスの展開方法には色々なものがありますが、初めから馬鹿でかいことばかり考えたり、身の丈に合わないことをして歩みを止めてしまうより、いまの時点のご自身の能力を熟考して、無理せず可能なところから始めるようにしてください。
当然適正なやり方を体得していないと不可能ですが、そのやり方さえ会得すれば、確実にネットで稼ぐことは実現可能なのです。
単純にポイントサイトと申しましても、様々なグループに分類できます。それとは別に、アンケートサイトと言いますのは、多岐に亘る項目に答えるだけで、お小遣い稼ぎになるものです。
空いている時間に在宅で実施できるアフィリエイトを行なって、インターネットのみで副収入を確保する楽しさを、どうしてもご自分で体験して貰えたらと強く思います。
ネットビジネスで稼ぐ仕組みを構築させて、他人からとやかく言われない人生を我が物にしたいと願っているのであれば、何の目的もないまま与えられた仕事を行うことだけはやめると宣言してください。
インターネットが世間に浸透するのに比例して、それなりの金額をネットで稼ぐという方が随分増えてきているように感じます。なかんずく、初心者だという方でも気楽に開始できるポイント収集サイトやアンケートサイトなどが抜群の人気を誇ります。
幼児を抱えて、家の外にでることは不可能というママさん方に副業をおすすめします。5分10分の空きがあれば行なうことができますから、お子さんのお昼寝中などに楽に仕事に取り掛かれます。
テレビなどでも、サラリーマンが副業を持つということが特集としてピックアップされたりして、世間を賑わしていると聞かされました。本職の年収アップが望めない昨今、所得を増加させるには、副業も視野に入れるべきでしょうね。
サラリーマンが、会社に見つからないように内密に稼ぐのだったら、土曜とか日曜、あるいは祝日を使ったポイント収集サイトやデータ収集サイト、データをまとめて記録するといった在宅したままできる在宅ワークが、おすすめです。
ネットを活用した副業を開始する時に、基本的には費用はいりませんが、ホームページを構築するためにレンタルサーバーを契約したり、時間をかけずに稼ぐことを目指して各種ツールなどを手に入れれば、別途費用が必要になってきます。
副業に取り組んでも、稼ぐことができない人の共通点を述べてみます。と申し上げても、それは極めてシンプルで、「持続性のない人」と苦労せずに報酬を貰いたいという「ぐうたらな人間」です。
何がいいのかよく分からないという方は、人気ランキング常連の成功報酬型広告「アフィリエイト」に決定するのはどうでしょうか。結構のめり込めますし、面倒なく副収入をゲットするのに適しています。

言うまでもありませんが、きちんとしたやり方を知らない場合には難しいでしょうが、そのやり方さえ理解することができれば、着実にネットで稼ぐことは可能となります。
もしやポケットマネーやお小遣い稼ぎというものが今回初めてなら、ポイントサイトに挑んでみるのが良いと言えるでしょう。間違いなくズブの素人である主婦の方でもあっさりと稼げること請け合いです。
在宅で「ネットで稼ぐ」というのは、机上の空論といった印象を受ける語句ですが、近頃では、際立ってべらぼうな事ではないのではないでしょうか。
隙間時間に行なうことができますし、ほとんどゼロに近い元手で多くの利益があがる可能性がある、何にもましておすすめと言えるネットビジネスは成功報酬型広告のアフィリエイトでしょう。
現状必要とする金額をきっちりと入手したい人には、アルバイトに頑張ることを最初におすすめします。月に2~3万円位稼ぎたいというなら、インターネットを使って副業をすることをおすすめしています。
こちらは、各サイトにある指定広告をクリックするとか指定アプリをダウンロードすることにより稼ぐことができます。こうしたサイトは短時間でも利用することができますので、着実に副収入を得たい場合にはおすすめできるかと考えています。
従事する業務内容によりけりですが、かなり大きな金額を稼ぐ事が可能な在宅ワークも多くなってきているようです。言うまでもありませんが、スキルが要される業務を引き受けることで稼ぐ事が可能なのです。
今日この頃は、ネットが使用できるような環境とPCやスマホを持ち合わせていれば、簡単に自宅から出ることなく在宅の作業をスタートすることが可能なのです。
景気が停滞している中にあっても、ちょっとでも所得を増やしたいと願うのは当然です。そうした理由から、男性女性にかかわらず試されている副業をランキングの形式にしましたのでウォッチしてみてください。
20万円という金額までの副業を通して稼いだ収入は、申告する必要がないという長所があります。副業に関心を持っている場合は、人気副業ランキング一覧をみて、何はともあれ挑んでみた方がいいでしょう。
いつでも在宅で、簡単にお金が貰えるということで、チャレンジする人も多いインターネット上の副業。そんな状況の中インターネット広告を使用するアフィリエイトは、OLや主婦、サラリーマンといった方々など、色々な職種の方に好まれている副業です。
ツール開発とかマニュアルの翻訳業務など、誰もが真似できないもので、それにプラスして市場で必要とされるスキルをお持ちということなら、月額10万円程度稼ぐことなら考えているほど困難ではないと言えます。
初めて挑むときは、皆が皆右も左もわからない状態ですから、今後稼ぐためのコツをマスターしていけば、それで構わないわけです。「関心があるか?」「どれくらい収入を得たいのか?」といった所から選択することをおすすめしています。
アンケ-トモニターと言いますと、忙しい家事の間の時間や少しだけの空いた時間などにやることができるお小遣い稼ぎでありますので、難しくもないですし、多くの主婦たちにお誂え向きの副業だと考えられます。
一般的な主婦においては、やるべきことは子どもを育てる事や家事労働になりますから、明るい内はそちらにウエイトを置いて、僅かでも自由時間ができた時に在宅ワークをするということが重要です。

サラリーマンが手を出している副業には色々ありますが、何よりも人気を博しているのが、証券会社のネットを利用した株式売買です。それからネット活用のオークション、更にもう1つはアフィリエイトとなっています。
初めての人は、さしあたり本人が熟知しているジャンルのサイトを立ち上げるとよいでしょう。アフィリエイト自体のテクニックを持たない状態で、全く知らない系統のwebサイトを作るのは無茶だと考えられます。
「安定的に稼ぎになる職に就きたい。」という主婦を狙った外注サイトも多くなってきており、これらを利用して多数の主婦たちが場所や時間を問わない副業に頑張っているのです。
一回で荒稼ぎするというのではなく、着々と小銭を稼ぎ続けることで、各月の収入を上げる思いで副業に取り組むことが、成功する為に必要なことだと言い切れます。
サイトアフィリエイトには、サイト作りに始まり広告文章の記述テクニックまで、大部分のネットビジネスで活用できる、変わることのない技能がいっぱい入っているのです。
スマホを持っていれば、家にいる時でも外出先でも、さらには会社での昼食時にも、ある程度の収入を得ることも不可能ではないのです。ズブの素人でもスタートできる、ネットで稼ぐメソッドをご覧に入れます。
トライしないことには何一つ始まるわけでもないし、変化が起きるはずもありません。ネットを介して実施できる副業を閲覧できますから、積極的に本日から共に行動開始しましょう。
副業で儲けたいと、多岐に及ぶ方々がアフィリエイトプログラムに参加したりポイントサイトをスタートさせたけれども、どういったやり方で稼ぐのかよく分からないまま、投げ出されてしまうことが多いのです。
波に乗るまでには、面倒な作業や手間が掛かるのは間違いありませんが、アフィリエイトはひとたび軌道に乗せてしまえば、さほど面倒なく利益を受け取れるという商売なのです。
視聴者モニターであれば、実際的にはインターネットを有効に活用した、自宅に居ながら実施できる在宅形式の副業の一種ですから、人対人の揉め事等はこれっぽっちもないと断言できます。
仮に主婦であっても、あなたがパソコンが得意で、キーボードを見ることなく入力することができる能力の持ち主なら、テーマ別文章作成の類の在宅ワークを引き受けるのも需要があるのでちょうどいいでしょう。
ウィークデイの仕事が終業してからは、他のことはしないで身体を休めたいというバリバリのサラリーマンは、週末などの会社から解放される日を使って、副業に邁進することができると思います。
端的にポイントサイトと言っても、多くのバリエーションがあります。それとは別に、アンケートサイトと呼ばれるのは、幅広い質問事項に答えることで、お小遣い稼ぎが可能になるのです。
テレビ報道などに於いても、副業で本業以上の収入を得ているサラリーマンのことがクローズアップされたりして、話題をさらっているというのが現状です。サラリーのUPが厳しい中、所得を増加させるには、副業も一案です。
収入をあげるために注ぐ時間だったり努力を、副業に充当した方が、格段に収入を受け取る確率が高くなると思います。

コンピューター関連の業務やマニュアルの翻訳業務など、一般人にはできないもので、並びに今の時代に必要なスキルをお持ちの方ならば、月に10万円前後稼ぐことならそんなに困難ではないはずです。
なかでも「せどり」と言われている書物の買取&販売は、気軽に開始できるので好評で、ネットビジネスと耳にした場合に、この「せどり」を思い出す方もたくさんいると思われます。
やってみなければ何一つ始まるわけでもないし、何の変化も望めません。ネットを通して開始できる副業を見ることができますので、ポジティブに思い立ったが吉日で提携して動きはじめましょう。
様々なメディアでも、サラリーマンと副業の関係が特集としてピックアップされたりして、熱い視線が注がれていると聞かされました。そもそものお給料のUPが厳しい中、収入増を目指したいのなら、副業も視野に入れるべきでしょうね。
無論のこと、正しいやり方を会得していなければ望み薄ですが、そのやり方さえ把握すれば、間違いなくネットで稼ぐことはできるはずです。
賞与の低減、給料のベースアップなしなど、報酬額そのものが古き良き時代のように増えることがなくなりました。そうしたことから、在宅で副業を行うことを認めている雇用主も増えてきているとのことです。
臨時的な副収入を得たいと、勤めている本来の仕事とは別に稼ぐことが有望な「副業」、あるいは「ダブルワーク」に注目している人やもう始めている人が多くなっています。
アフィリエイトと言いますのは、クリックすることで報酬が得られるネット広告であり、ウェブサイト上で品物を掲載して、申込や購入がなされた場合に、あなたにその礼金が払われるという大人気の副業です。
いわゆるポイントサイトは、本当に簡単なお金稼ぎが望めるサイトではないでしょうか。まあまあの金額を稼いで潤っている人も大勢いますし、より現実的な小遣い稼ぎとしては最適だと思います。
今日では老若男女を問わず、うまくやればお小遣い稼ぎができるのです。インターネット上のWEBサイトを活用して、簡単な副業でプラスアルファの副収入を手にする手法をご披露していきたいと思います。
当然ですが、ネットを用いた副業にチャレンジするという時は、たった一人での作業が必要になります。本気で収入を獲得したいと切望しているなら、家の人には話しておいた方が賢明です。
未知の分野の副業を選択すれば、その分野の知見や技能が我が物となります。それを本来の職業にも適応させることで、良い結果が生まれることも十分期待できます。
副業で収入を得たいと、多種多様な方が成功報酬型広告であるアフィリエイトやポイントサイトの会員登録まで済ませたものの、どんな事をして利益を獲得するのかまったくわからない状態で、立ち往生してしまうことが多いのです。
まずまず儲かるようになるまでには、いろいろと面倒や手間が掛かることは確実ですが、アフィリエイトは何とかかんとか売れる仕組みができてしまえば、ほとんど手を掛けることなくお金を生み出せるという仕事だと言えます。
始める時に、「ネットを活用した副業で稼ぐのは難しいだろう。」というふうに捉えていれば、ハードルを越えることもできる筈ですが、「手間をかけずに報酬が欲しい。」といった感じで手を着けると、絶対にうまく行きません。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。